Instagramの24時間で自動的に削除されることで、手頃さが人気の『ストーリー』機能。自分のタイムラインに溜まらないことから、気ままに動画を撮影・投稿する機会が増えたかと思います。ただ、手頃にできる分、ふとスマホを見るとせっかく撮った動画が自分のスマホに保存されて無くて二度と見られない…なんて経験ありませんか?

 

『ストーリー』の設定画面「ストーリー設定」へ

『ストーリー』には見せたくない相手を指定したり、メッセージの返信ができる相手の指定など、設定機能があります。

 

 

そして、その設定の一部にストーリーに追加した写真や動画を、自動的に携帯電話に保存する機能として「シェアした写真を保存」という設定項目があるので、そこをタップするだけ。

 

 

 

 

「シェアした写真を保存」という設定項目をタップすると、ボタンが右にスライドし、青色がつきます。これが設定完了の目印です。

 

 

 

 

 

 

最後に左上の「完了」ボタンを押して画面がインスタのホーム画面に戻ってこれだけで、設定完了です。

著名人や多くのブランドが活用したことで一気に人気が加速し、投稿者が増えている『ストーリー』機能。保存の設定を忘れずにして、『ストーリー』に投稿した後、人気があったり盛り上がった写真や動画を通常投稿したり、友達と共有してみるのも良いと思います!改めて、保存の設定を忘れずに!

この記事をシェア