目次

簡易解決策はこちら

LINEで送信した画像の画質が低下している原因は、LINEが勝手に画像をリサイズしているからです。通信環境によってハパケットを大量に使用する為、パケ死を回避する為の粋な計らいなのですが、画質が下がるのは嫌ですね。

というわけで早速解決策を紹介してます。

メニューの「設定」から「写真と動画」を選択

 

「送信する写真の品質」を選択。ここの設定を変更すればOKです。

 

初期状態では「標準」に設定されているので、「高画質」に変更しましょう。これで渾身の出来の写真を送っても解像度が低くてがっかりされる事はないですよ!

 

ちなみにこの設定の場合は、「完全に画像の劣化を回避する事は出来ない」ですので、100%そのままの画像を送信したい場合は以下の方法を試してみてください。

 

写真を100%劣化させずに送る方法

以下の方法で撮影したまんまの写真を送る事が出来ます。

カメラロールから写真を選択したのち画面左下の「オリジナル画質」のチェックを入れるだけです。

これで画質を下げる事なく画像を送信する事が可能です。但し写真データをそのまま送る事になるので画像サイズは非常に大きく、気をぬくとすぐにパケ死してしまうので、必ずWiFi環境で行うようにするか、月の使用制限をしっかり把握して使用するようにしましょう!

また受け取る相手の通信容量にも影響が出る点にも注意が必要です。オリジナル画質だと知らずに相手が画像をダウンロードした場合は、とっても迷惑がかかりますw送信時にきちんと高画質版という事を伝えて送るのが無難ですね、相手をパケ死させる手段として有効かもしれませんねw

 

 

 

 

 

 

友だちや恋人との写真はもちろん、会社やサークルなど大人数で撮影した集合写真などを共有する時に、共有された写真の画質が悪かったらガッカリされちゃいます。このような場合は「オリジナル画質」を送るようにすれば、100%の画像を共有する事ができますよ。

ただし使い所を間違ったり乱用したりするとパケット面で自分と相手に大ダメージを与える事になるので、しっかりと状況に合わせて使い分ける事をお勧めします。

臨機応変に調整して、最高の形で思い出を共有してましょう!

 

この記事をシェア