目次

腕時計ブランド別ポジショニングマップ

早速ネットで話題となっているポジションングマップをチェックしてみよう。縦軸が金額の軸で上に行くほど高級時計(金額が高い)を表している。

横軸はブランド力で右に行くほどブランド力があるという。ここで言うブランド力は知名度やカッコ良さ、人気度合いから総合的に判断されているようです。

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/51085455.html

右上に行くほど、いわゆる超有名な高級ブランド時計、逆に左下はリーズナブルで気取らずに使える時計というイメージ。そして右下は金額もそこまで高くなく、ブランド力もあるコスパの良い時計、という感じとなる。

世界5大時計と言われる「パティック・フィリップス」「ヴァシュロンコンスタンタン」「オーデマ・ピゲ」「A.ランゲ&ゾーネ」「プレゲ」は問答無用の右上固定ですね。

また、6大時計として名を連ねる事もある「ジャガー・ルクルト」も5大時計の近くに位置しています。

日本人に人気のロレックスはブランド力は間違いなくトップクラス。値下がりしにくいという点も高評価の理由のようです。

 

 

気になる腕時計をピックアップ紹介

筆者が気になる腕時計をいくつかピックアップして紹介します。腕時計の購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。(※あくまで独断と偏見で紹介していますのでご了承ください。)

 

ROLEX(ロレックス)

言わずと知れた国民的人気腕時計ロレックス。素人から玄人まで幅広い層に支持されている腕時計です。エクスプローラーやサブマリーナ、最高値モデルのデイトナなど人気モデルが多数ラインナップされている。また市場的に値崩れしにくいという点も不動の人気を誇る理由の一つ。女性からも「あ、ロレックス!すごーい!高いんでしょー?」とは話題にはなる。

 

Zenith

人気モデル「エルプリメロ」は、文字盤から覗かせるムーブメント(機械部分)が特徴的。この構造に惹かれて虜になった人も多いのでは?というぐらい機械好きの男の子にはたまらない腕時計です。ただし、女性からの知名度はそこまで高くないので、その点は注意が必要。合コンなどでは「なんだか高そうな時計をしてるけど、わかんなーい」という印象を持たれる事が多いです。

 

 

Grand Seiko(グランドセイコー)

セイコーと聞いて馬鹿にする事なかれ。日本が誇る腕時計メーカーSeikoの英知のすべてが詰まった最上位モデル、それが「Grand Seiko」なのです。文字盤に書かれた「GS」のロゴがなんとも美しいですね。

写真からも分かる通り、非常にシンプルかつ美しいのが特徴。スペックや一つ一つの作りのこだわりやそこらへんの高級時計にまったく引けを取っていない代物です。

合コンなどでは「え?セイコーって学校にある時計とかのメーカーだよね?ダサくなーい?」なんてことを言われる可能性もありますが、それでもなおこのグランドセイコーを見て「意外とカッコイイね。知らなかった!」なーんて言ってくれる女性は、物事の本質を理解してくれる、人間として立派な女性の可能性が高いので、女性を見分ける手段としても使えるかもしれませんw

 

 

世界5大時計と言われる5ブランドはいずれも200〜300万円以上はする時計がほとんどで、なかなか手が出るものではないです。一方でピックアップで紹介した時計は、モデルにもよりますが30万円〜高くても100万円程度で購入出来るモデルが多数あるので、一生ものの時計を一本選ぶという場合には手ごろかもしれません。

本記事では女性ウケの事を散々書いてきましたが、結局は自分がずっと愛せる腕時計を選ぶという事が一番大切だと思います。そんな男気が女性を一番イチコロにする要素ですので周りを気にせず一番だと思う時計を探してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア