目次

自分のアクセスを除外する主な方法

Google Analytics から自分のアクセスを除外する方法はいくつかありますが、現在以下の3点がよく用いられる方法であると思います。

  • 特定のIPアドレスやドメインからのアクセスを除外
  • 特定のCookieによるアクセスを除外
  • ブラウザの拡張機能による除外

今回は最後に挙げたブラウザの拡張機能による除外方法をご紹介します。

拡張機能のインストール

まず、『Google アナリティクス オプトアウト アドオン』のダウンロードページにアクセスします。『Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード』をクリックしましょう。このアドオンはChrome、IE11、Safari、Firefox、Operaに対応しています。今回はChromeでの手順を解説していきます。

 

画面右上の『CHROMEに追加』をクリックします。

 

以下のような確認画面が表示されるので、『拡張機能を追加』をクリックします。

 

拡張ツールが追加されると、『CHROMEに追加済み』と表示され、ブラウザ右上にアイコンが表示されます。

 

最後に、ブラウザ右上の設定ボタンからChromeの設定を開きます。設定ページを開いたら、左のメニューから『拡張機能』を選択し、インストールした拡張機能が有効になっていれば設定は完了です。

今回のメリットとデメリット

メリット

何と言ってもアドオンをインストールするだけというシンプルさです。操作に慣れていない初心者にはIPアドレスやドメインでのフィルタは少し難易度が高い場合があります。固定IPアドレスの契約の必要もありません。

 

デメリット

PC向けのアドオンしかないので、モバイルからのアクセスを除外できません。また、特定のサイトだけ除外の対象外にすることができないようです。つまり、このアドオンをインストールしたブラウザからサイトにアクセスすると、自分のIPを除外する必要がない場合も除外されてしまいます。

今回はアドオンを使ってGoogle Analytics で自分のアクセスを除外する方法を解説させていただきました。他にも色々な方法があるので自分の状況にあった方法を実施するのがよいでしょう。

この記事をシェア