目次

「拡大鏡」設定の仕方

iOS10新機能の「拡大鏡」をさっそく設定してみましょう。

「設定」→「一般」をタップします。

次に「アクセシビリティ」ボタンをタップします。

すると「拡大鏡」の項目が未設定の際は「オフ」になっているかと思いますので、ここをタップします。

「拡大鏡」の項目が出てきますので、スイッチボタンを押して「オン」に。

ここで「<アクセシビリティ」を押して戻ると。「拡大鏡」の項目がオフからオンに変わっていることが確認できます。

これで設定完了です。早速活用してみましょう。設定後はホームボタンを3回クリック!大事なことなので2回言わせて下さい。ホームボタンを3回クリックするだけで画面が起動します!

 

拡大!

それでは早速、「拡大鏡」を実践してみましょう。まずはホームボタンを3回クリック。起動しましたでしょうか?一見「カメラ」のホーム画面と同じようですが、インターフェースが異なっているのが見て取れます。

「拡大鏡」のその名の通り、まずは拡大してみましょう。下部にある「ー」から「+」に黄色の◯をスライドさせていきます。

何でしょう。完全に被写体と距離感を間違えている感じ。そう、これでまだ半分にも満たしてない拡大倍率。一番右までスライドしたらどうなってしまうのでしょう。是非、遠くの被写体でお試しください。筆者のように近場でやっても恩恵はございません。使ってみると思っているより、スライドの小さな動きでも拡大倍率が大きいのですが、基本的には望遠は画像が粗くなるだけですので、虫眼鏡の代用のイメージで近いところの文字を見る用途がやはりオススメです。

 

明るさ/コントラストに色の変更

「拡大鏡」というネーミングですが、ただの拡大鏡にあらず。拡大した後に、明るさやコントラストの調整、色の変更などで見づらいものを自由自在に見やすくします。

・明るさを調整して見やすく

・「白/青」をタップすると反転して青の単色に。

・「黄/青」をタップすると反転して黄色と青色のダブルトーンに。

・「グレイスケール」をタップすると、白黒のモノトーンに。

・「黄/黒」をタップすると反転して黄色と黒のダブルトーンに。

・「赤/黒」をタップすると、反転して赤色と黒のダブルトーンに。

・「赤/黒」をタップした状態で左下の「反転」ボタンを押すと、通常のコントラストに反転します。※それぞれの色のタイミングで「反転」ボタンを押せば反転⇔通常が行えます。

 

見たい対象物によって、色々な設定を試して、見えやすいを沢山探してみましょう。一度コツを覚えると使いやすい機能です。

 

iOS10.3からの新機能「拡大鏡」。シンプルに「拡大機能」として活用するも良し、色の調整や、明るさ、コントラストの掛け合わせて自在に見えづらいものを見えやすくすることが可能となったiPhone。すぐに活用法が分からないというあなたも、一度設定だけ完了しておけば、いざという時に有効活用できると思います。その時は、迷わずホームボタンを3回クリックです!

この記事をシェア