目次

ThunderbirdはデフォルトでHTMLメールの送受信される設定になっています。それを踏まえて、HTMLメールからテキストメールに切り替える手順を説明します。

受信メールをテキストメールにする手順

まず、キーボードの『Alt』を押してメニューバーを表示させます。既に表示されてる場合はこの手順はスキップしましょう。

   

 

メニューバーから『表示』→『メッセージの表示形式』を選択します。初期では『オリジナルHTMLメール』にチェックがついているので、『プレーンテキスト』に切り替えます。これで受信メールの表示形式がHTMLメールからテキストメールに切り替わります。

送信メールをテキストメールにする手順

次は送信メールの設定をしていきましょう。テキストメールに切り替えたいアカウントで右クリックします。表示されるメニューから『設定』を選択します。

 

左のメニューから『編集とアドレス入力』を選択します。一番上の『HTML形式でメッセージを編集する』のチェックを外し、右下の『OK』をクリックして設定を反映します。これで返信されるメールはHTMLメールではなくテキストメールになります。

いかがでしたか?メールの送受信形式を変更する手順は以上です。簡単ですね。用途に応じて設定を変更し、自分が使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。

この記事をシェア