目次

サイトの表示スピードが遅いとどうなるか

何かを調べようと思ってWebサイトを開いてみたけど…なかなか読み込みが完了しないことってありますよね。マークアップやプログラムの書き方、画像のファイルサイズ、ネットワーク環境など、Webサイトが重くなる原因は様々です。

しかし、どのような理由であってもユーザーのストレスを高め、サイトからの離脱やコンバージョンの低下を招いてしまうことは間違いありません。
また、最近のGoogle検索アルゴリズムでは、ページの表示スピードもSEOに影響を及ぼす要素の一つになっているようです。

サイトの運営者としては、自分のサイトの表示スピードをしっかりとチェックし、パフォーマンス把握しておくことが重要であるといえるでしょう。

簡単にスピード計測できるツール3選

Webサイトの表示スピードはオンラインツールを使うことで簡単に計測することができます。
以下は私もよく使っている代表的なツールです。是非お試しください。

PageSpeed Insights

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

Googleが提供するサイトのパフォーマンス計測ツールです。基本的にこのサイトだけで全て事足りてしまうでしょう。

 

モバイルとPCのタブを切り替えるとそれぞれの評価をみることができます。

 

PageSpeed Insightsの素晴らしいところは、以下の画像の様に最適化されたリソースを一括でダウンロードすることができることです。

JavaScriptやCSSのMinifyに慣れていない初心者でも手軽に最適化されたファイルを入手することができますね。

GTmetrix

https://gtmetrix.com/

続いてよく使っているのは『GTmetrix』です。こちらは『PageSpeed Insights』よりも多岐にわたった分析結果が得られます。
サイトが英語なので少しハードルが高いですが、サーバーなどの細かいチューニングにも参考になるような結果も得られるのでどちらかと言うと中級者以上向けかもしれません。
細かい内容がよくわからない方は総合スコアである『Performance Scores』値をチェックするだけでもよいでしょう。

WebPagetest

https://www.webpagetest.org/

ロケーションやブラウザなどのオプションセッティングが豊富です。上記、2つのサイトがあればあまり使う機会はないかもしれませんね。

この記事で紹介した他にもスピードチェックのオンラインツールは多数存在します。自分にあったサイトを見つけて是非使いこなしてみてください。
また、こういったチェックをするとついつい完璧な評価を目指したくなってしまいますが、レンタルサーバーの制限等で全ての問題を改善することができない場合もあります。あまり評価を気にし過ぎず、自分のできる範囲の対応をしっかり行っていきましょう!

この記事をシェア