目次

Twitter Developers にアクセス

Facebookの時は、『Open Graph オブジェクトデバッガー』にアクセスしました。Twitterの場合もそれに該当する『Card validator』というカードの検証ツールにアクセスします。

https://cards-dev.twitter.com/validator

 

『Card URL』にキャッシュをクリアしたいページのURLを入力し、『Preview card』をクリックします。新しいOGPが取得されます。

 

『Preview card』をクリック後にプレビューが表示されます。新しい情報や画像が表示されるか確認しましょう。

 

プレビュー下部に上記のような項目が表示されます。設定に不備があればエラーが表示されるので、再度設定を見直してみてください。

 

Facebookの解決方法についても合わせてご一読ください。

FacebookのOGP画像が反映されない時に!キャッシュされたOGPをクリアする方法

必要なOGPを設定しているにもかかわらず正常に情報が表示されない場合、今回解説したようなTwitterのキャッシュが原因になっている可能性があります。実際に記事をシェアする前に Card validator でチェックしてみるといいですね。

この記事をシェア