目次

その①:「辛口ください」はNGワード!?正しい好みの伝え方

http://google.com/

私自身もそうですが、初めていくお店では日本酒を注文するとき、店員さんに「お任せで」お願いする事が多いです。
この注文の仕方自体は間違っておらず、事実お店一押しの日本酒を頂ける可能性が高いです。
しかしかなりの確率で店員さんに、こう聞き返されます。

「どんな味がお好みですか?」

はい、これ店員さんの巧妙な罠です。
大多数の方がここで「辛口で!」と答えてしまっていませんか?
はいそれ地雷ですw
これを言ってしまうと日本酒にこだわっているお店の店員さんはガッカリ。もうとっておきの日本酒を出してくれる事はないでしょう。

なぜ「辛口で!」がダメなのか

そもそも日本酒はアルコール15%前後のお酒なので、基本的に舌にピリっとくる辛さがあります。
辛口=飲みやすいいいお酒、というのはもう何十年も前の淡麗辛口ブームの名残であり、日本酒を心から楽しむ人からしたら、お門違いなのです。
※そもそも淡麗辛口時代も、大多数の人が勘違いして、辛口=いい酒となっただけですが。

では何て言って頼めばいいのか

これは人それぞれですが、大多数の人が飲みやすくて美味しいと感じる日本酒であれば↓この言葉が最適です。
フレッシュでフルーティーなお酒
こう言えば、大多数のお店で、一押しの吟醸・大吟醸クラスのお酒を出してくれるはずです。

その②:必ず頼もう「やわらぎ水」

日本酒を楽しむ為に必要な大切なものがあります。
それは「やわらぎ水」です。
やわらぎ水とは、チェイサー、つまりお冷の事です。

お酒と一緒に水を飲むなんて酒の弱い奴がすることだ!何て思ってはいけません!

日本酒はアルコール度数15%前後、無濾過生原酒(水で割っていない)であれば20%程度のものもあります。
そんなお酒をぐびぐび飲んだら、どんな酒豪でもすぐにダウンです。

何より日本酒は一気飲みするような酒ではありません。
日本酒の華やかさ・フルーティーさ、力強さをゆっくりと感じる大人のお酒です。

ですので日本酒を飲む時は同量程度のお水と一緒に楽しみましょう。
飲んだ後にやわらぎを飲む事で口の中がリセットされ、新鮮な気持ちで別の銘柄の日本酒を楽しむ事ができますよ。

ちなみに注文するときは、「○○(日本酒名)とやわらぎください」って言うとスマートです。

その③:読めない漢字は素直に聞け!

今日もたくさん日本酒を飲むぞ!
そう意気込んでメニューを見て唖然。

ふりがなが振ってない。。。よ、読めない・・・。恥ずかしくて頼めない

意外とこの経験をした方多いと思います。
友達同士ならまだ大丈夫ですが、女性と一緒の場合などは、もし間違った読み方で注文したら赤っ恥ですよね。
でも、そんな小さな事で日本酒を楽しむのを諦めたくないというあなた!
気にせず頼んじゃいましょう!

どう頼めばいいの?

漢字が読めない場合は素直に聞こう!逆に好感をもってもらえます!例えば↓のような感じ。
これ何てお酒ですか?初めて見るけど美味しそうですね
あくまでも、「普段から日本酒たくさん飲んでるけど、これは初めてだなぁ、いいねえ」という空気感で聞いてみましょう。
店員さんも親身に紹介してくれるはずですよ。

いかがでしたか?
せっかくの女性とのデート。目の前で恥をかかないように準備して、女性から一目置かれるような注文をしてみましょう。
同僚や仲間内で披露しても、「こいつ知ってるな」と一目置かれること間違いなし。
日本酒通を演じて、意中の相手をいちころにしちゃいましょう!

この記事をシェア